【資格】ファイナンシャルプランナー(FP)って何?

FP

ファイナンシャルプランナーは日本FP協会のホームページにて以下のように説明されています。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

https://www.jafp.or.jp/aim/fptoha/fp/

簡単に言うと人生設計が実現できるようにお金の計画を立てることをサポートするのがファイナンシャルプランナーです。

FP資格を通して学べること

あひるはファイナンシャルプランナー資格の取得を目指しています。勉強を通して学んでいることは大雑把に言うと以下の通りです。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスクプランニング
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

ライフプランニングと資金計画では自分の人生をお金の観点から見直すことができましたし、リスクプランニングでは会社員になってからやたらと話を聞くようになった保険について学ぶことができています。特に、サラリーマンの給料は所得税や住民税が源泉徴収されているのでタックスプランニングで知らない単語を学べているのは非常に助かっています。

まとめ

ファイナンシャルプランナーは理想の人生を送りたいと思っている人をお金の観点からアドバイスを行い、手助けする人のことを言います。

そのため、暮らしに関するお金の知識が求められます。だからこそ、お金に関する知識のない人や不安を持っている人が勉強する資格としては最適だと思います。あひるも資格取得を目指しながら、自分のお金に関する教養を深めていきたいと思います。